精神病という病気

精神的な病気の症状は

症状がわかりにくい病気・精神病

近年になって、「うつ病」の患者さんが増えてきているようです。うつ病になる人達の原因が様々ですが、多くの場合、過剰にストレスが掛かることが原因として多くなっています。結婚や子供が生まれる、昇進等、一見幸せに思えることも、ストレスが掛かる要因となっています。良くも悪くも、環境の変化がストレスに繋がるのです。うつ病は、一般的な風邪等の病気とは異なり、非常に分かりにくい病気です。うつ病のような精神病は、人によって症状が異なり、そのため、患っているのかどうかが、非常に見分けがつきにくくなっています。不眠や不安感などがうつ病の一般的な症状といえます。

精神病のいろいろな症状

精神病は誰にでもかかる可能性のある病気です。どういった症状が出るのかあげていきましょう。うつ病は、気分が落ち込み、憂鬱な気分になったり、意欲の低下や食欲不振などがあります。躁うつ病は、うつ病の症状と、楽しい時の状態が交互に現れるので、なかなか病気だとは気付かれにくいでしょう。統合失調症は、妄想や減額などが現れたり、逆にうつ病と同様に意欲が低下して、何も出来なくなることもあります。強迫性障害は、汚染に対する恐怖などが出て、手を1時間くらいかけて洗わないと気が済まなくなったり、鍵をきちんとかけたかどうかを過剰なまでに確認行為を繰り返したりします。

↑PAGE TOP